2 外構・エクステリア業 0からの会社設立、一人社長の運営の方法

外構・エクステリア業の1人会社設立・1人会社運営・1人営業

 

資金も借入れ、事務所も一応あり、備品も揃った!

じゃあいっちょ仕事とってくるかーーーー!!

と意気込んで飛び込み訪問とかして受注できる時代ではありません。

あなたが外構・エクステリア業界では「無名」選手だということを忘れてはいけません。

とにかく無名は怖がられます。

よほど、業界に何年かいて、OBのお客様(前職で一度ご契約してもらったお客様)でもいない限り、怪しさオーラが半端なくでていると思いましょう。

どれだけ仕事が早くて、的確で、優良なプランニングできても、お客様は知りません。

「知ってもらう」活動をまず初めにしなければなりません。

何を知ってもらうのか。

・名刺を作って名前、社名?

・めっちゃ毎日訪問できるフットワーク?

・顔、若さ?

・安いでっせーという勢い?

違います。

お客様はあなたに外構・エクステリアというお仕事を任せるという

・安心、安全な情報を

・どれだけの需要に答えてきたのかという実績を

・どんな強みを用いて

・お客様が気になった時、知りたいタイミングで

・いつでも確認できるように

してあげなければ、0から起業するあなたの元にお仕事は来ませんよ。

あなたが困った時に、あなたのタイミングでは決してお仕事はくれません。

ただでさえ、

今の時代にホームページもない会社は怖い!

ってお客様は思ってます。

私が実際そうでした(-_-;)

なのでホームページは最低限手に入れましょう!

よく勘違いする方がいますが、ただホームページを世に出したからと言って成功するわけではありません。

しかもプロのホームページ業者に頼んだからといって成功するわけでもありません。

OBのお客様が入れ下されば訪問してみるはおススメですが、実際、新規のお客様のご契約数がOBのお客様数になります。

OBのお客様だけでは存続し続けることは難しいので、必ず新規のお客様をどれだけ増やせるかを常に考えましょう

外構・エクステリア業界で必要なコンテンツを、0から起業する方の為にもご提供できるよう業界にとりわけ必要なSEOコンテンツをまとめて作り上げました。

営業活動に出る前にまず、ホームページを作成して、事務所を空きっぱなしせず、いつでもあなたの携帯にお問合せがあってもいいように固定電話から転送できるようにしてから出かけましょう!

それもこれも、私自身が新規のお客様に困ってきたからで出来上がったもので、起業当初って本当に何からすればいのかまったく分からず、

「どうしたい?」って聞かれてもホームページ関係は特に困りました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です