子育てママさんこそ長時間労働脱出!

 ~中小企業こそママさんの為に短時間正社員制度をもっと広がってほしい~

【web・物販担当 豊嶌】

わたしは前職、保険の営業をしていました。

幼い子供が3人いるので、時間と収入を視野において仕事を探すと

正社員で保険の営業か、時間に融通の利くパートでした。

 

わたしには悩みは2つあります。

①20才年上の主人が一人で自営をしているので将来の不安がある。

②子どもが3人いることの経済力。

 

①を解決するには、収入です。

この会社に入るまでは、

上記にも書いた通り正社員で保険の営業をしていました。

保険の営業は子育てに優しいと聞いていましたが、現実は違っていて、

お客さんとのアポはたいてい夕方か夜・休日でした。

働いている間は、家族や実家に負担をかけていました。

 

中には、割り切って周りのサポートを受けながら働く人もいましたが、

わたしのように、周りのサポートを受けにくい人もいると思います。

収入を上げようとすると、周りに負担をかけ、

育児メインにしようとすると、収入が下がる。

結局、仕事・家事・育児の悩みが、キャパオーバーになり、

イライラしたりして家族に当たったりしてしまいまいた。

当然、夫婦間でもギクシャクし結局退社を選ばざるを得なくなりました。

 

そしてこの会社と出会いました。

前職の事もあり、フルタイムの正社員やフルタイムのパートを選ばず、

9時から15時までのパートという選択肢が

一番自分の生活に合っていると思っていました。

はじめはパートでしたが、この会社は従業員の適材適所を考え、

事業を作るという方向性です。

『社員は家族』という気持ちを大事にしている環境なので、

悩みを打ち明けたところ一緒に悩んでくれ、

結果解決できる事業を作ろう!となりました。

そのためには今を変化させなくてはいけません。

その覚悟で物販事業を始めました。

もちろん体制を変えるのは変化することで大変なこともあり、

悩んだり、心が折れそうになったこともありました。

しかし、その変化があったから子育て中のママにも優しい

『短時間正社員制度』が生まれました。

 

『新事業=ママたちの将来』

そう思えたのは初めてです。

そもそも、会社の指針は『誰でも働ける会社になる』事です。

障がい者やシングルマザー・ファザー、

資格や経験がなくても雇用できる仕組みを常に考え

事業化していく事が重要だという考えです。

普通のママでも一緒です。

パートの時間内で正社員が出来ると思っていなかったので、

本当にうれしかったです。

今までは8時間労働の正社員か時間給のパートの2択でした。

 

ママさんにとって選択肢が増えたことを、

もっと知ってほしい、もっと広がってほしい!

今まで仕事をこなしてきただけの自分に、

働く中で目標ができたことが一番大きな変化です。

変化は他にも芽生えました。

短時間正社員に向けて会社の変化についていくにつれて、

『社員は家族』という人の為の気持ちを持つようになりました。

社内の環境ってすごく大事だと、実感しました。

この制度は香川県では初だと思っていました。

しかし他社さんで導入されているところが既にありました。

ただ、適用しているのは、その社内で1人との事です。

香川県で現状は制度導入先として二番手です。

わたしとしては、2人目の仲間を迎えられた時が

短時間正社員『香川県で初の2人目』となるので、

早く新しい『家族』を迎えれるよう、それを目標に頑張っていきます。