13、少数派志向で未来を切り開く

皆さん起業して黒字になれば大体3年が経つと皆さん黒字企業のもう一つの課題があります。

それは、「税務署の監査」です。

会社によりけりで3年~5年のうちに監査のお電話がかかってきます。

どんな角度でも見つけて課税を取ろうとします。

それが仕事なんで仕方ないんでしょうが・・・

とにかく企業は税金、税金すっごいですよ。

でも・・・・

弊社は追徴課税0円です(^^)/

1円も持っていかれていません(*^^)v

ちゃんと法人税払っているんです。

当たり前です。

追加税などありえません。

これは真っすぐに経営してきたというはっきり言って自慢です。

さらに言うと、

香川県は小さい島国の中でも1番小さい県です。

全国でも1番目に小さい県です。

香川県の総人口は100万人を割ってます。

しかも弊社は郊外で、周りは田んぼばかりで、人口3万人満たないというさらに小さい商圏で

商いをしております。

賃貸の角部屋で、2階です。

県は小さいのにライバルは山のようにいます。

でも弊社くらいなんです。

県内で創業以来下請けは一切していない外構工事屋さんは。

一番大きくかけた広告費は【HP作成費用5万円のみ。】

ちなみに、私は創業以来一切集客イベントなどは一回も行ってません。

なぜなのか。

ちゃーんと工夫したんですよ。

それはね。

簡単に言うと、いつも少数派に入る様に心掛けたから。

人と一緒でなくていいんです。

違ってていい。

横繋がりや友達とかいなくていいんですよ。

「どうなりたいか。」

それだけをしっかり決めておくこと。

人脈はその道をしっかり歩んで行けば横で出会わず、目の前で出くわしますよ。

以上、長々とあり、お伝えすると迷惑がかかったりしない範囲でお伝えしてきま

したが、私自身のながーいご紹介でした。

ご覧頂きありがとうございました。

最後に、

起業には使命があります。

成長期、低迷期、衰退期と繰り返し誰もが経験し、変化に対応し、乗り切って

また成長期とし、存続し続けなければなりません。

冒頭にお伝えしましたが、起業は1年以内が30~40%、約70%が3年以内に倒産しています。

3年経たないうちに10社のうち3社しか生き残れない厳しい世界。

ちなみに1年以内が30~40%。

実際には10年残る企業は6.3%。

実に奇跡的な確率ですね。

私の始まりは外構工事が本業です。

ですが、今は物販業も含め3事業目です。

現在も闘ってます。

私も闘ってます。

机上ではなく命を懸けての実体験なので寿命が縮まるような努力をしたつもりです。

そして、チャレンジと失敗が大好きで冒険好きな現在40才です。

実際、事業で結果を出している経営コンサルタントは全国でも何社あるでしょうか?

机上の空論に払うゆとりなど、私たち中小企業、零細企業にはないのです。

私はマイナスから結果を出し、今も事業を担っている代表です。全責任を負っています。

現在も無借金経営継続中です。

就業規則は起業後すでに労基に提出し、零細起業ながら、育児休業制度はもとより、

2019年11月から、週休2日制と短時間正社員制度を導入し、

今後も雇用を促進していくつもりです。(他業種の皆さん、外構工事屋で土日休む会社は基本存在しないんですよ!!!)

経営コンサルタントは本業、事業で結果を出しているに尽きる!!!

と私は思います。

こうやってお伝えできているのは、人をしっかり育成しているからです。

しかも少数精鋭で成り立ってます。

本業事業も人材育成も新規事業開拓も今後の展望も、全て私が自力で道無き道を見つけ、作り、繋いできました。

今となってはしっかり成長し、現在優秀な人材に育っており、本業を背負って、新たな事業を背負ってくれている人材がいるので、皆さんにお伝えできています。

ぜひ私をあなたのメンターに選んでみてください。

 

12・運命を変える3年間👈前へ