11、元2代目の創業者誕生

底辺の私には選択肢などありません。

行くしか道はないのです。

不安要素をつぶして前にいくしかないのです。

まずは、

①資金がないので下請けするにも売掛、立替ができない。

②仕入れは先が少ないのと高い。

③そもそも店がない。

④知名度と信用がない

⑤設備がないというか買えない。

大体の起業スタートで誰もが悩む点だと思います。

初めに考えたのは店舗と資金です。

これで問題の半分は解決するはず。

信用は時間と結果次第なので、まずはあきらめました。

住み家はなんとかなっても、店舗はせめて父親などの保証人でも付けない限り貸してくれませんでした。(身内に頼れないので苦労しました。)

何店も不動産屋をあたりましたが貸してくれません。

当時、資金面では独立資金ご用達の国金(当時、日本政策金融公庫)ですでに500万を2014年8月に決済してもらっていました。

「これから店舗を持つために必要だろう」と思い、起業8カ月目に融資を何とかしてもらってたので資金はありました。

資金があっても不動産は店舗を貸してくれません。

20~30件くらい案件を見て1件も相手にしてくれません。(9社中9社)

そう、個人事業主に店舗はなかなか貸さない、特に建築、土木の新規起業には信用が特にないからと言う事でした。

なので、せめて法人にしました。

2014年11月に株式会社カインズガーデンを設立。

市内を出て、なんとか人からの紹介で綾歌郡綾川町のこの場所になりました。

そして空き倉庫をリフォームして12月末に完成。

よっしゃ!「市」ではなく「郡」だけど、ちょっと周りが田んぼばっかりで田舎だけど、店舗なのに1階じゃなく2階だけど、とにかく頑張るぞーー!

もう一度お伝えしますが、選択肢なんて底辺の自分にはないんです。

「個人と法人の違いとかメリットって?」

「法人?雇用保険?社会保険と国民保険の違い?そもそも社労士っているん?」

社長になっても何にも知らない自分でした(-_-;)

 

10・ホームレスから起業!創業資金19,600円(‘Д’)👈前へ   次へ👉12・運命を変える3年間